前へ
次へ

家を売りたいけど住み続けたいときは

知人に、家を売りに出したはいいが引っ越したために子どもの転校でたいへんだった、という人がいます。
今の家から引っ越したくない場合には、リースバックといって所有権だけを売り、そのまま住み続ける方法もあります。
家を売らなければいけないけどまだ子どもが小さく、引っ越しができないようなケースに便利です。
リースバックで所有権を投資会社に売った後は、賃貸として家賃を払って住み続けるというシステムです。
また、「ローンが厳しくて家を売ることになった」というような事情はあまり近所に知られたくないものです。
でもリースバックならそのまま住み続けることができるので、近所の人にも事情はわかりません。
まとまったお金が必要になって家を手放すときは、まずリースバックを検討してみるといいでしょう。
ただし家賃を払う必要があることと、所有権を売却するのでその物件に対する自由も失いますので、十分に理解してから決定するようにしましょう。

Page Top